ジェネリック医薬品のメリットは?

ジェネリック医薬品は、コマーシャルなどで新薬に比べて安いというイメージが先行していますが、ほかにはどんなメリットがあるのでしょうか?調べてみました。


まず、ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れた後で製造・販売されるので、新薬の問題点を改善した薬を作ることができます。

たとえば、薬の粒が大きくて飲み込みにくいとか、味がよくないとか…。

一方の新薬は、特許を出願するときに製造方法も細かく指定するので、一度特許を取得してしまうと簡単には製造方法を変更することはできないのだそうです。


さらに、薬の安全性については、誰もが気になるところだと思いますが、ジェネリック医薬品は20〜25年もの間、必要とされてきた新薬の有効成分を使って作られているのです。

安全ではない薬、効果の期待できない薬は20年という長い年月の間、使用されることはありません。

薬の世界でも淘汰されて廃れていってしまいます。

それだけ長い間、多くの患者さんに使われてきた新薬は、より安全性が高いと証明されているようなものです。

その成分を使って作られて、さらに検査をクリアしているのだから、ジェネリック医薬品も安全だというわけなのですね。


安いだけでなく、新薬に比べて様々な工夫もされているジェネリック医薬品。

新薬が飲みづらいなーと感じている方はジェネリック医薬品を試してみる価値があるかもしれませんね。
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
個人的にはジェネリック結構愛用しています♪
効果は変わらないのでお手ごろなジェネリックを選ぶ方が多いです。
Posted by Miracle at 2009年05月28日 16:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120053143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。