ジェネリック医薬品の問題点って何?

新薬に比べて、格段に安い値段のジェネリック医薬品。

でも、ジェネリック医薬品には問題点はないのでしょうか?

調べてみました。


まず、第一に、すべての薬に対してジェネリック医薬品があるわけではないことです。

これは、ジェネリック医薬品がどのように作られているかを考えてみると分かります。

ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れる20〜25年後から製造・販売されます。

それで、まだ特許が切れていない医薬品に対してはジェネリック医薬品を作ることはできないので、すべての医薬品に対してジェネリック医薬品がないのです。

また、新薬はジェネリック医薬品対策として、特許が切れてしまった医薬品でも追加効能を研究して加えることがありますが、追加効能の部分はまだ特許期間が切れていないので加えることができないということもあります。


次に、先発医薬品と完全に同等の医薬品ではないということです。

先発医薬品と同じなのは有効成分の部分で、それも統計学的に同じというレベルなのだそうです。

そして、その他の成分(薬を安定させる成分やコーティングの成分・作り方など)は異なるので、製品によっては先発医薬品と効き目が違うなんていうこともありえるのだそうです。

さらに問題なのは、安全性に関する試験がないので、副作用のデータがないのだそうです。


そして、安定して供給されないかもしれないという問題もはらんでいます。

ジェネリック医薬品のメーカーは小さい会社が多いらしく、会社自体が倒産していたり、儲けにならないジェネリック医薬品は製造中止なんていうこともあったりするそうです。


これらのことが原因で、医師の中には後発医薬品への変更を渋る方もいらっしゃるとのことでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。